脂肪食

脂肪を食べて痩せる脂肪食ダイエットが効果的という驚くべき研究が発表されました!
低糖質ダイエットするなら、脂肪食についても知っておいたほうがいいかもしれません。

 

ダイエット中に脂肪を食べても大丈夫!?

脂肪を食べて、脂肪を分解するってどゆこと??

炭水化物や糖質を食べるとインシュリンが分泌されます。このインシュリンが太る原因といわれています。

インシュリンが体内のエネルギーの調整をしています。食べ物をエネルギーに変えて血液に乗せて体中にいきわたしたり、脂肪として蓄積したりします。これらはインシュリンの働きによるところが大きいのです。

でも、脂肪を食べてもインシュリンは分泌されないことがわかっています。脂肪は糖質と違ってインスリン(インシュリン)の分泌を促さないので、脂肪として蓄積されないのです。

つまり、低糖質ダイエット中に脂肪を食べても脂肪として蓄積されるないのです。

 

これまでのダイエットは低脂肪、高タンパクが基本でした。

今まではカロリーを計算して食事制限をするなどのダイエット方法が基本でした。

今でもカロリーを気にしている人が数多くいると思います。それは一般の人だけでなく、ダイエットの専門家やお医者さんのなかにもカロリーを基準にダイエットをしようとしているのです。

 

でも、最近わかってきたのは脂肪よりも炭水化物が太る原因ということ。

それで、流行しているのが低糖質ダイエットですよね。

つまり、ただ単純にカロリーだけで見て食べてもいいとか食べてはいけないなどというレベルの話ではなくなってきているんです。

どうしても、カロリーを見てしまいがちなんですが、どうやら私たちの体が太るか太らないか、痩せるか痩せないかはカロリーではなく、脂肪や炭水化物、タンパク質、無機質、ビタミンなどの昔家庭科の授業でやった栄養素のほうが重要なようです。

 

つまり、今まで太るといわれてきた食べ物が実は食べてもいい食べ物だったかもしれないのです。

今ダイエットをしている、これからダイエットをしようと考えているあなたは、カロリーなどの古いダイエットの考え方から新しい栄養素ベースのダイエットの考え方へ変えなければいけないかもしれません。

 

低糖質ダイエットで脂肪食がなぜいいのか?それは、ほかにも理由がありました。

 

タンパク質と低糖質ダイエットの関係についての記事を読んでみてください。

>>「」の記事を読む