スマホの見すぎ

スマホの見すぎは何でだめなの?
えっ?ブルーライトだけじゃないの???

 

ドライアイは目が乾燥する現代病!

実は、スマホの見すぎで問題なのはブルーライトだけじゃなかった!?

スマホやパソコンの見すぎでブルーライトが問題だといわれています。

でも、ブルーライトではなくて、ドライアイという問題も起きていたんです。

 

通常、目は瞬きして潤いを保っています。

 

目は水分がないとすぐに傷ついてしまうデリケートな場所。

 

でも、スマホの見すぎで目が乾燥しやすくなっているんです。

 

そもそも、ドライアイってなんなの?

 

ドライアイは涙の量が減ったり、涙の質が変化することで目の表面を潤った状態に保つ力が低下してしまった状態。

別名では、角膜乾燥症とも呼ばれる。

ドライアイはそれほど重大な病気ではないのですが、視力の低下などを引き起こす可能性もあります。また、ドライアイを放置しておくと目のなかがゴロゴロするなどの症状が出てくることもあります。

ドライアイの原因としてはスマホだけでなく、パソコンやエアコンなどがあり、室内で仕事をしている人や1日中パソコンを使っている人、スマホをよく使う人はドライアイになりがちです。

 

最近疲れやすくなったのはスマホの見すぎのせい?

ドライアイ状態だと、目が疲れやすくなります。

いわゆる、眼精疲労ですね。目から疲れが来る状態なので、それほど活動していなくても眼精疲労で疲れを感じてしまっているかもしれません。

ドライアイは慢性的に目が疲れやすくなるので、スマホの見すぎがあなたを疲れさせている原因かもしれません。

 

ドライアイは点眼で治す!

お医者さんでも点眼で治すのが一般的です。

ドライアイの治療方法としては点眼で目に潤いを与えることで回復させていく方法があります。

お医者さんなどではヒアルロン酸配合だったり、ムチンなどの成分を配合した点眼が使われています。

 

最近はスマホ対応の目薬がドラッグストアなどで売られています。

中には、スマホでの目のダメージを修復する機能があるものも。

  • スマホを見すぎてしまう。
  • 眼精疲労を感じている。
  • たまに、目のピントが合わない。
  • 目が赤い。
など、もしかしたらドライアイかもと思ったらスマホ対応の目薬を使ってみるのもいいかもしれません。